化粧品の人気ってどこからくるんだろう

皆さん、化粧品が発売されて、女性に愛されるまでに何をやってるのか気になりませんか?

私、気になります。

 

気になるので、調べてしまいました。

化粧品が人気になるまでって結構長い道のりのようです。

どうも化粧品は開発されるときから結構な労働力を必要とするみたいです。

良い化粧品にいたっては薬品などのように扱われデリケートな施設の中から誕生する化粧品もあるのだとか。

化粧品も発売までに危険じゃないか審査されるらしいんですけど、日本の審査基準かなり厳しいようです。

何と比べて?

もちろん世界です。

日本人の細かに気を配る特色は、日本と海外を比べたときによく取り上げられますが、こういった点でもやはり日本の良さがでているようです。

まるで食品みたいですね。

でもこういった行程を踏んだ上で発売するからみんなに愛される化粧品が誕生するんですよね。

だからこそって言った方が妥当かもしれませんね。

厳選された化粧品の中から選ばれ発売にいたる。

なんだかちょっとしたドキュメンタリーですね。

化粧品の人気の秘密をかいま見た気がします。

でもこんな世界に認められるような基準を設けていても、事故はおこるようです。

最近では白斑になってしまう美白ベースがありましたね。

あれは本当に怖いです。

あんなのダメですよね。

一時で治るならいいですけど、本当に病気のレベルだと思います。

実際にあれの被害に遭われた人を悪くいっているつもりは全くありません。

むしろ、もっと保証されるべきだと言いたいです。

メーカーは化粧品の回収を募ったら数が増えたと言っていましたが、それだけ我慢しようとした人がいたんではないでしょうか。

もちろん悪意のある人もいたかもしれません。

でもそんなことメーカーは考える権利ないですよね。

だって間違った化粧品を発売してしまったんですもの。

それによって被害が出ている以上、身から出たさびです。

本当にやってくれましたよ。

あれが治らなければ本当に化粧品を使うとか使わないのレベルじゃなくて、被害者は皮膚の再構築なども視野にいれる必要がありますよね。

もう数千、数万円の話じゃないです。

命の問題です。

憤慨です。

ましてや大手の化粧品だったこともあり、人気のシリーズだったことも事実です。

人気だからと安易に化粧品を選ぶことにためらいが出てしまいそうですね。

なんといっても、残る跡ができるっていう衝撃です。

世界に通用する基準といえどもダメな物はダメ。

世界を含めてもっと頑張ってもらわないとね!